So-net無料ブログ作成





 
前の3件 | -

体調のご報告と最近の愛用品 [体調関連]

皆さん、おはこんばんちわ 片瀬です。

生存報告がてらに記事を更新します。

まず、膠原病の方ですが一応順調に寛解へ向かっていると思います。

油断すると気が付かないうちに37度とかの熱が出てますが

翌日にはなんとか下がってる感じですね。

因みにプレドニンの量は5ミリが3錠半って感じですね。

元々は4錠が一日三回とかだったのが今や一日1回まで減りました。

なんとか再入院もせず今に至ります。

免疫力が低下する副作用があるのでさっさと量を減らしたかったので

半年かからずにここまで減らせたのは中々だと思ってます。

感染系統が本気で怖い状態だったので、日常生活でマスクが手放せなくなりました。

そこで気になったのが

入院時 病院で使われていたマスクなんです。

普段外であまり見ない青色のマスク。

その名も「メジャーリーガー」


*Amazonリンクを貼っておきます。

実は私、マスクって色々試してみてたんですが

どのマスクも耳が痛くなったり、眼鏡が曇ったりと

自分とは合わなくてマスク嫌いだったんですが…

入院中は院内感染とかのリスクを避けるために病室から出る時は基本マスクをつけてたんですよね。

そしたら眼鏡が曇りにくかったんですよね。

また、院内にあったスタバに行ったり検査で待ってる間とかずっとつけてたんですが

何故か耳が痛くなりにくいんです。

これには感動すら覚えました。

長時間使用しても痛くないって初めての経験でした。

CMとかでやってる耳にかける部分が柔らかいタイプのも試してダメだったので

痛くなるのはもう仕方ないのだと諦めてたんですけどね~。

加えて性能についてですが

流石に病院で常用されているだけあるのかなって感じです。

抗PM0.1や鳥インフルフィルターも搭載してるのです。

眼鏡が曇りにくく、耳が痛くなりにくく、機能性も高い。

求めていたマスクがここにあった!と言う感じです。

因みに近所の薬局とかで探してみたんですが全くと言っても過言ではない位見つからないんですよ。

ダメ元でAmazonで探したら沢山出てきてびっくりしました。

ただ、ネットで色々調べた所によると偽物とかもあるようなので、購入時は注意が必要です。

そんな訳で、今の自分が再入院せずに済んでるのはこのマスクを使ってるからかも知れません。

同じく膠原病で悩んでる方や花粉関係で悩まれてる方

もし良かったら一度試して見ると良いかも知れません。



因みにカラーバリエーションは 白 青 ピンクの三色があるのでお好みでどうぞw

私は青色がお気に入りです! 病院でも青色だったからですね~。

また白よりかはちょっと他のと違うと言うプレミア感があって良い感じです。


さて、自分も愛用しているマスクの話になってしまいましたが 今日も片瀬はなんとか生きています。

また何か進展があればお知らせしますので、お時間がある時にチラっと見て頂ければと思います。

それでは今回はこの辺で!
nice!(1)  コメント(0) 

長らくお待たせいたしました。 [雑記]

皆さん、おはこんばんちわ 片瀬です!

えー大変長らくお待たせいたしました。

以前記事にてお話させて頂いていた【病院名】と【病院食】で私的に美味しかったランキングの

準備が整ったので記事にしたいと思います。

まずは【病院食】ランキングから。

約1か月の入院生活の中で美味しいと思ったもの7選です!

第7位

ソイ味噌焼き.jpg

ソイ味噌焼き!

こちらは病院食開始して間もない頃の昼ごはんで提供されたと記憶しています。
正直病院食だし、しかも魚かぁ…なんて思ってましたが
味は割とたんぱくだけど、何よりも油! 魚の油が美味しい1品でした。

このお昼ごはんで病院食に対する不安が吹き飛びました。
堂々の7位です!


それでは次。第6位

鯖の味噌煮.jpg

鯖の味噌煮!

はい、皆さんも食べた事ある定番の魚料理と言った感じでしょうか。
一般的な鯖の味噌煮なのですが、特筆すべき事としては
一般的に病院食は薄味が多いのです。 その中でこの味噌煮は輝いてましたね。
味噌の風味がガッツリ効いてて、味も食べ応えもバッチリでした!
また鯖の触感も良く 第6位にランクインです!


それでは第5位!

銀ひらすムニエル.jpg

銀ひらすムニエル!

またまた、魚料理ですね~。
と言うかお肉の場合はしっかり油抜きされてしまうので、イマイチ感が凄かったので
殆どが魚料理です。
それで、今回の内容はムニエルですよ! ムニエルと言えば魚に薄力粉付けて油やバターで焼いて
しかもその油を何度も身にかけて調理する方法と記憶してます。
それだけでどれ程美味しいかが伺えますよね!
しかもこれ病院食ですよ? 一般的に脂っこい物とか避けそうなのに提供されてるのが不思議なくらいですよ。
銀ひらすってのを始めて食べましたが魚自体は病院食なのでたんぱくに感じますが
ムニエルにした時の風味の良さはかなりの物でした! 第5位にランクインです!



それでは第4位!

生揚ピリ辛炒め.jpg

生揚ピリ辛炒め!

こちらの料理、名前からはどんなものなのか察する事が出来ませんでした。
一口頬張ると香る生姜の風味!
なるほど、揚げ豆腐に野菜と生姜をスライスしたものを一緒に炒めた物と推察
これがまた中々に美味しい物でした。 何度も言いますが病院食は全体的に薄味です。
豆腐に醤油かけて食べるだけで味濃く感じるレベルだったりします。
そんな中で特に貴重な風味だったのがこちらの生姜。
久しぶりに口の中で[辛さ]を感じて少し感動しました。 よって第4位にランクインです!



続いて第3位!

鮭の御醤油焼き.jpg

鮭の御醤油焼き

鮭? 鮭なんて何時でも食えるやん?とお思いの諸兄も多いでしょう。
しかしこの鮭、醤油を大根おろしと併せて鮭にぶっかけ それを焼いたものの様です。
大根おろしの風味と醤油がマッチしており熱が通る事によって甘さが増している様子
普通に焼いて大根おろしと醤油を合わせた時とはまた違った味わいになっていました。
単純なひと手間で子供も喜んで食べられる、そんな1品です。 そんな訳で第3位にランクイン!


では、次 第2位!

かれい梅焼き.jpg

かれい梅焼き

こちらの1品、まずかれいを焼いたものを始めて食べました。 煮つけとかなら食べた事あるんですが
焼いた時のかれいの油が凄まじい! 物凄い油で驚きました。
しかしながら、写真からは見て取れないんですが、梅の風味がしてあるため
油がこってりしていてもしつこくなく割とあっさりと食べる事が出来ます。
油でしっかり胃が満ち、鼻から抜けるはさわやかな梅 とても美味しかったです。
1位とタイと言っても過言ではありません。 誰か作り方を教えてくれとさえ思います。

よって本品は第2位とさせて頂きました!



そして栄えある第1位は!

ビーフストロガノフ.jpg

ビーフストロガノフ!

ここでまさかの牛肉!
絶対正義のお肉が満を持して登場。 信じられません
病院食でここまで味の濃いお肉料理を食べる事が出来るとは!
ただでさえ油抜きを行ったお肉だったりするのに、味が濃く
煮込み料理なのでお肉は変にパサつかず、しっかりとした食感 たまりませんでした。
大変美味しかったのを今でも鮮明に覚えています。

よってこちらの1品 意外性や味、食感等総合的に見て

栄えある第1位とさせて頂きます。

約1か月、基本毎日3食提供される料理の中で

特に美味しいと思った7選をランキング形式で紹介させて頂きました。


そしてこれらの料理を提供して頂いた病院の名前ですが

東京医科歯科大学医学部付属病院(www.tmd.ac.jp/medhospital/)さんです。

原因不明の不明熱や関節炎等の症状と血液検査やその他諸々を観て

膠原病(成人発症Still病)と診断して頂きました。

看護師さん達も常に一生懸命で素晴らしい病院です。

前にも記事にしましたが、再度何かで入院するなら絶対にココでと思う位には良い病院です。

大学病院なので完全紹介制で一度他の病院にかかってからでないと、通院等は難しいかもしれませんが

私はこの東京医科歯科大医学部付属病院で本当に命を救われました。

この場を借りて御礼申し上げます。

因みに今現在の状態としては

良好です。 すこぶる元気。

ただ、薬の副作用は顕著に感じております。

食欲増進と筋力の低下については間違いなく感じております。

食べても食べても腹が減り、少しあるくと足全体が重く感じる。

こればかりは仕方ないな~と思いつつ、リハビリとして散歩したり

部屋で腿上げしてたりします。

それとこの間、外来として病院にて検査したんですが

血液検査もおおむね正常で、薬の量が50ミリまで減りました。

通院もひと月スパンで良くて、再来週の月曜には自信で40ミリまで減らして観察してくれとの事。

ここまでは特に問題無く減量出来ているので、寛解まで思ってたより早く行けるかも知れません。

今の所順調なのは間違いないので、このまま何事も無く目標まで行って

次に迫ってくる大動脈弁膜症の弁形成手術まで行ければいいなぁと思っています。

手術は怖いですが、まぁまず死ぬ事は無いであろうと思うので

気楽に頑張って行きますよ!

それでは、長くなってしまいましたが

私が入院した際、美味しかった病院食7選と病院名の公開でした!

また、何かあれば更新したいと思いますので、次回もお楽しみに! それでは!

nice!(0)  コメント(0) 

2017/1/22 無事退院致しました…! [体調関連]

皆さん、おはこんばんちわ 片瀬です。

前回の記事にて公開していた通り
2017/1/22にて 無事退院する事が出来ました!

記事を見てくれている方々、ご連絡が遅れてしまって申し訳ありません。

さて、今回の投稿が遅れたのには少し訳がございまして…。

実は同居している彼女に異変が発生したのです。

退院したその日は大雪と予報されており、交通機関がマヒしたのは記憶に新しいかと思います。

私は午前中に退院の支度をして両親に連れられ無事に退院、部屋でくつろいでおりました。

久しぶりの我が家は彼女がかなり整えてくれていて、快適そのもの。 ありがたい話です。


約ひと月吸えなかったタバコを吸って、全く見れてなかったYouTubeでも見ようかと思った矢先


玄関からノックの音。

何だろうと思い玄関を開けると

彼女が帰宅してきたのです。

朝からLINEで具合が良く無いと聞いていたし、大雪予報なので

出来るならお仕事を早退させてもらうと良いんじゃないかなんて話をしていたので

少し驚きましたが、許容範囲内の出来事でした。

表情的にも疲れ切っていて、私自身退院の興奮でろくろく眠る事が出来なかったので

二人して昼寝をしようと提案、久しぶりに肩を並べて寝ました。

数時間後、彼女に異変が発生。

突然ガバッと起き出し、部屋の隅でリバース。


そして、一言

片瀬! 逃げて!

寝ぼけた状態の私。

そして一瞬で覚醒。

そう、私は今 処方されている薬で免疫力が皆無。

突然のリバースが発生すると言う事はそこには何かしらの「菌」が存在する。

それにかかればまた入院生活に逆戻り。

これらの事を彼女は一瞬で考え抜き、自分の状態を顧みず

私の事を気遣い、逃げるように促したのです。

正直何もできない自分と言うのが歯がゆく、また情けない状態であるのですが

ティッシュとウエッティを何とか手渡し、すまないと伝えて避難させてもらいました。

その後別室にて、状態をLINEで確認。

吐き気は無く突然のリバースだったとの事。

お通じに至っても健康状態では無かったと聞き

「ノロウィルス」じゃ無いかと思いました。

その時点で時刻は5時30分

最寄りの内科へ連絡し、診療状態を電話で確認
6時までの診療との事だったので
直ぐに向かわせるのでとお願いし、終話。

その後彼女に病院に行くように促し、行って来てもらいました。

結果、情報からの判断だけですが(聞いた限り検査はしていない)
「ノロで間違いないでしょう」と言われたとの事。

水分を食べ物を取るとまた吐く可能性があるので、可能な限り断食断水と言われたそうです。

そしてノロの活動期間はおよそ48時間 菌の感染力は凄まじく

近くにいると免疫力の下がってる私にも感染し、場合によっては重篤な状態になりえる

なので、帰宅してからも約2日程自室に戻る事が出来ませんでした。

その為、更新が遅れた次第です。

初動対応が早かったお陰か、昨日より自室に戻り

現在特に問題無く生活出来るようになりました。

しかしながら、ノロの体内活動は最大ひと月もあるそうです。

マスクやうがい、手洗いについては可能な限り徹底し

対策を取って行こうと思います。

因みに今現在の彼女の状態は安定しており、概ね良好と言える状態になりました。

またネットで調べただけなので信ぴょう性については判らない事が多いですが

プレドニンを処方され、内服している人や免疫抑制剤を利用している方が

ノロにかかるとどうなるのかを調べてみました。

プレドニンについては量によって差が出るかと思いますが

私が服用している量は60mgです。抑制剤は使ってません それ前提でお話しますと

まずノロの症状が劇的伸びる場合があるそうです。

抑制剤利用者の場合は年単位で伸びる事もあるそうで、体力をどんどん奪われ

最終的に死に至るケースも0ではない様子。

プレドニンだけならまだ幾分かマシなのかと言った感じの情報でした。

ただ私の場合割と量が多い方なので、場合によっては重篤化する可能性もあるようです。

そこで彼女が色々と気を使ってくれて、対ノロ対策に出ました。

まずはこれ



ノロキラーSと言う商品。

実はノロウィルスはアルコール除菌が出来ないと言う、なんとも面倒な菌のようで

除菌するには次亜塩素酸とかが必要との事。

次亜塩素酸(除菌)とは
次亜塩素酸とは、低濃度においても細菌に対して素早い除菌力を発揮し、またウイルスに対しても信頼のおける除菌液です。

最近空気清浄機のジアイーノと言うCMが放送されているかと思いますが
この次亜塩素酸がノロには有効と言う事で、私が別室に避難している48時間の間
部屋中を除菌してくれてました。

また、他の菌などにも感染しないようにと言う事で

こちらの商品も購入



そう部屋を除菌してくれると言う商品でクレベリンと言う物。

設置する事で一定範囲内の空気を99%除菌出来るとか。

他にもノロはハイターと言う液体にも弱いそうで併せてそちらも購入し

部屋中を徹底して除菌しまくってくれてます。

お陰で、今こうしてブログ記事の更新が出来るようになったと言う訳です。

退院したその日になんて惨事なのか…とも思いましたが

彼女の私に対する想いがダイレクトに伝わった…そんな日になりました。

この記事を読まれていると言う事は少なからず 膠原病や最近流行ってるインフエンザやノロウィルスについて調べてる方かと思います。

免疫抑制剤を使ってる方がお近くにいる場合は是非気を付けてあげてください。

しっかりノロやその他のウィルスに対しての対抗手段があります。

菌感染で再燃すると症状が重くなる場合もありますので、やりすぎ位で良いのかも知れません。

もしよければ、先ほど紹介した商品をお手に取って対策すると良いかもしれませんね。

実際に感染せずに済んでいる私がここにいますので…w

是非ご検討ください。 膠原病はその病気よりも薬の副作用の方が恐ろしいですからね。


それでは今回の記事は、ここまで。

最後までお付き合い頂きありがとうございます!
nice!(1)  コメント(0) 
前の3件 | -

2015/1/15 作成 ここから始まる何かを貴方へ